カウンター・カルチャー

作り手と受け手とで育ってきた、我々の全ての大切表現達はカウンターカルチャーと言える、それだけの力をいま有しているのではないでしょうか?